フラット35審査で金利は関係ある?

フラット35を申し込むにあたって、まずはいろいろな審査があるのが普通ですが、先にフラット35についての金利などをきちんと理解しておくのが大切でしょうか。
いろいろある金融機関からフラット35の申し込みが出来るようになっていますので、どのような金融機関があるのか見ておきましょう。
現在平成26年9月現在での金利の水準ですと、フラット35では、返済期間が21年以上35年以下の場合、融資率が9割以下の場合で、取り扱金融機関の提供する金利の範囲で、1.660パーセントから2.230パーセントになります。
取扱金融機関の提供金利で最も多い金利で、1.660パーセントになっているようです。
9割超の場合、取扱金融期間の提供する金利の範囲で2.100パーセントから2.755パーセントになっているようです。