リフォームローン金利、住宅ローンとの違いは何?

リフォームローン金利は、住宅ローンと比べるとやや高くなることが多いですね。
これは、住宅ローンの場合は購入物件を担保として設定して、1,000万円以上の高額な借り入れをすることが多いのに対して、リフォームローンでは、10万円〜500万円以下の自宅の改修費用に充てる目的で利用されることが多いですね。
バリアフリー工事では、設備を取り替え手すりをつけるだけでも50万円〜200万円かかります。
日常に無理なく返済出来る範囲で借り入れが出来ると助かりますね。
素早く低金利で利用出来るリフォームローンは助かりますね。
また、現在住宅ローンを支払中なら、同じ銀行でのこうしたリフォームローンは金利優遇の対象になることもあり、低金利で追加のローンがくめますね。
住宅ローン金利見直し方法は?お得な銀行比較!【借り換えメリットは?】