住宅ローン諸費用と消費税について

消費税増税の及ぼす影響は、物件価格だけではありません。
不動産や住宅購入に伴う諸費用にも反映されてしまいます。
消費税増税で影響を受ける経費は不動産会社へ支払う仲介手数料、住宅ローンの融資手数料、住宅ローンを組むための司法書士への報酬(登記手数料)、更に引越し業者への代金などにも影響が出てしまいます。
一方で、消費税が増税されても影響がない費用は、団体信用生命保険料、火災保険、地震保険、住宅ローンの保証料などがあります。
土地代金1,500万円で建物代金2,500万円の物件を購入した場合、土地仲介手数料が消費税8%で40,800円が10%で51,000円、融資手数料が3万円の場合、消費税8%で2,400、10%で3,000円、登記手数料が15万円の場合、8%で12,000円、10%で15,000円もの差が出てしまいます。